【準備中】テストフライトを用いたユーザーテスト

【準備中】テストフライトを用いたユーザーテスト

テストフライトを用いたユーザーテストを実施しましたのでレポートします。

緊急事態宣言がちょうど明けたタイミングでしたので、実際にユーザーの元へ訪れ、実機で触っていただきました。その後は、7日間実生活でも使っていただき、インタビューを行いました。

テスト対象:iPadアプリのユーザビリティ

実施判断

今回対象となった画面は、全ユーザーが、ほぼ毎日、必ず、何回も、使う重要導線の一つであったため実施することとなりました。

実施判断の軸としては次のような項目を参考にします。

  • デザインの良し悪しが社内で判断しきれない
  • リリース後にデザインを変更しづらい
  • 該当機能の影響範囲が広い、または利用頻度が高い、または操作における重要度が高い

リスク整理

  • インタラクションを追加したことにより、レスポンスタイムが遅くなる(実際にはコンマ数秒のことなので、遅くはなってないのだが、遅くなったと情緒として感じてしまわないか?)
  • 誤ってタスクを完了してしまう

といったリスクが考えられたので、今回の調査のポイントは、「正確性」「スピード」をどう検証するか、が重要でした。

検証項目の洗い出し

  • 変更となった導線に気付けるか
  • デザイン意図が誤って認知され、意図していない操作をしてしまわないか
  • 使いにくくなっていないか
  • 新たなデザイン案に違和感がないか、受け入れられるか
  • 誤操作を招かないか など

手段やツールの選定

今回、検証したかった画面は、実生活内での使用感が重要な画面でした。そのため、本番データと連携した検証用のアプリを使うことができるTestFlightを用いることとしました。

TestFlightについてサマリ
- メールで招待できる。
- アプリをアップデートする感覚で検証用アプリが使えるようになる(iPhoneやiPadホームのアプリアイコンも本番と同じ)
- 本番環境のデータを引き継げる。
- 90日間の限定公開。(Appleの審査もある)

流れ

  • 訪問して、実機を用い、ユーザビリティテストを行う
  • 7日間実際に使ってもらう
  • 電話にて体験インタビュー

実施詳細

準備中

結果判断

準備中